Invited Talks & Interviews

 

Invited Talks / 招待講演

29. 折紙の展開収縮機能を用いた産業応用,2016年度春期 明治大学リバティアカデミー 講座「身近な数学と情報技術について楽しく学ぶ・PartⅥ ~折紙工学と折紙の手法を取り込んだ折紙式3次元プリンターについて学ぶ~」,2016年6月18日,明治大学,東京.

28. 瀬地山角,石舘周三,辻村みよ子,川上直人,小林正人,石田祥子,浜本牧子,共に活躍できる研究環境のダイバーシティーについて,2016年度春期 明治大学リバティアカデミーオープン講座『やさしく学ぶ「男女共同参画」~来て見て知って,話してみよう~』,パネルディスカッション,2016年5月14日,明治大学,神奈川.

27. 折紙の数理と工学への応用, 数理工学シンポジウム2015,2015年11月19-20日,武蔵野大学,東京.

26. 双安定な折り畳み円筒構造を利用した防振器の設計, 日本自動車技術会 振動騒音部門委員会,2015年11月18日,日本自動車技術会,東京.

25. キャリアと研究内容について+学生との交流会, 第1回ランチョンセミナー【研究職へのキャリア支援】,男女共同参画推進センター女性研究者研究活動支援事業,2015年11月17日,明治大学,神奈川.

24. 部材の弾性変形を活かした折りたたみ式防振機構, 文部科学省 現象数理学共同研究協働拠点研究集会「文理融合を目指した折紙科学研究」,2015年11月12-13日,明治大学,東京.

23. Folding Origami/Jongie Jupgi: From Mathematics to Engineering, The 10th International Symposium on Mechanics, Aerospace and Informatics Engineering 2015, Keynote speech, Sep 18-19, 2015, Gyeongnam, Korea.

22. Approach to Design of Mechanical Devices Using Foldable Structures, CMMA Monthly Seminar, July 13, 2015, Meiji University, Tokyo, Japan.

21. 折りたたみの科学~折紙から昆虫の翅まで~,三鷹ネットワーク大学企画講座,2015年4月11日,東京.

20. Dynamic Origami: Forms, Motions and Application, KAKEHASHI Project -The bridge for tomorrow-, March 20, 2015, 国際交流基金.

19. 折り畳み構造の双安定性を利用した防振機構 ―折紙工学の新たな展望―,MIMS数理折紙と計算科学融合研究講演会,明治大学先端数理科学インスティテュート現象数理学研究拠点,2015年1月28日,明治大学.

18. 折紙の数理とその工学応用,連合駿台学術奨励賞受賞記念講演会,2015年1月21日,明治大学.

17. Origami Brings about Innovation: From Traditional Culture to Industrial Products, KAKEHASHI Project -The bridge for tomorrow-, Oct 31, 2014, 国際交流基金.

16. Origami evolution from mathematics to engineering, Forum "Math-for-Industry" 2014, Oct 27-30, 2014, Kyushu University, Japan.

15.  折紙でうずまきを作ろう,第6回東京国際科学フェスティバル「ふだん着で科学を」2014実行委員会主催,科学縁日,2014年10月13日,東京.

14. Displacement amplification mechanism based on folding patterns of origami, the 67th ICAT/JTTAS Joint International Smart Actuators/Sensors Symposium, Sep 30-Oct 1, 2014, Penn State University, Pennsylvania, USA.

13. Bi-stability of Origami-based Structures and its Application to Mechanical Design, US-Japan Workshop on Soft Matter based Active Materials and Tactile Sensing and Their Integrated Systems, May 21-23, 2014, Maui, USA.

12. FEMシミュレーションによる高剛性サンドイッチパネルの遮音性能評価,平成25年度文部科学省 数学・数理科学と諸科学・産業との連携研究ワークショップ 「折紙工学の深化と適用拡大に貢献する現象数理学」,2014年3月27日~28日,明治大学.

11. 折り紙が広げるハイテクの世界,三鷹ネットワーク大学主催,くらしとバイオプラザ21企画サロン サイエンスカフェみたか,2014年3月6日,東京.

10. 折紙の軽量高剛性からみた細胞構造,統計数理研究所 数学協働プログラム,ヒト細胞・筋肉・臓器の幾何学的及び力学的解明とモデル化,2014年2月26日~28日,明治大学.

9. 伝統折紙の“技”! 曲がった筒の折り畳み設計手法,龍谷大学・明治大学 新技術説明会,主催:科学技術振興機構(JST),2013年12月3日,JST東京本部別館.

8. 折紙の数理とその工学応用,日本学術会議主催 第3回計算力学シンポジウム 日本応用数理学会選抜代表,2013年12月3日,日本学術会議講堂.

7. 野島武敏,石田祥子,安達悠子,折紙と幾何学,日本折紙協会講師講習会(Dコース)講師,2013年10月19日,大阪.

6. Origami Theory for Actuators/Sensors: Conformal Transformation and Deployable Structures, the 66th ICAT/JTTAS Joint International Smart Actuators/Sensors Symposium, October 1-2, 2013, Pennsylvania, Penn State University.

5. 高橋 大輔, 高島 克幸, 高田 章, 石田 祥子,パネルディスカッション「応用数理の魅力とキャリアパス」,日本応用数理学会2013年年会,2013年9月9日,アクロス福岡. 

4.Origami’s Geometry and  Structure Design, 2013年度第1回 MIMS折紙と計算科学融合セミナー(主催:明治大学先端数理科学インスティテュート(MIMS) ,現象数理学研究拠点(CMMA)),2013年7月31日,明治大学.

3. トラスコアパネルの遮音特性,日本自動車技術会 振動騒音部門委員会,2013年7月30日,日本自動車技術会.

2. トラスコアパネルの遮音特性について,RC259「折紙工学の基盤技術の推進とその産業応用に関する調査研究分科会」第1回会合,2013年1月31日,明治大学.

1. 等角写像の折紙への応用,平成24年度文部科学省 数学・数理科学と諸科学・産業との連携研究ワークショップ 「折紙工学の深化と適用拡大に貢献する数理科学」,講演資料集 pp. 69-75,2012年11月15日~16日,明治大学.

 

Interviews & Media / 取材 & メディア

5. 明治大学女性研究者研究活動支援事業 研究者ロールモデル集, 研究者へのインタビュー, pp. 3-4,2015年10月発行.

4. 化学工業日報, 第8回資生堂女性研究者サイエンスグラント受賞式開催記事, 2015年6月15日第5面.

3. 明治大学女性研究者研究活動支援事業パンフレット, 女性研究者へのインタビュー, 2015年2月発行.

2. Tokyo Graffiti増刊 「HR」#027,各界のスペシャリスト 大学の先生をズバッと紹介!,2014年8月9日発売号, p. 127.

1. TBS 「未来の起源」,折紙に秘められた無限の可能性,放送日:2014年6月1日(日)22:54~23:00.